大東市生涯学習センターアクロス
トップページ講座・イベント大東市立文化情報センターDIC21リンクアクセスお問い合わせ

令和3年度 アクロス利用者アンケート結果から

2022年1月15日〜2月15日、皆さまのご協力で実施したアンケートの結果について、 一部ご紹介いたします。詳細はアクロス受付で閲覧いただけます。

(1)アンケート回答者数

@ 今回は、409名の利用者にアンケートの回答をいただきました。
A 新型コロナウイルス感染拡大を受け、活動を自粛していた団体が、活動再開し
  始めたことにより、2年間減少していたアンケート回答者数が増加しました。

H20年度H21年度H22年度H23年度H24年度H25年度H26年度
330人410人466人610人625人625人691人

H27年度H28年度H29年度H30年度R元年度R2年度R3年度
715人720人726人747人483人344人409人


(2)施設利用者の姿から

@ 利用者の58.1%が60才以上、性別では8割弱が女性です。
A 「現役世代(20代〜50代)」の利用は全体の28.9%でした。また
  「若年層(19歳以下)」の利用が令和2年度に比べ10.7%伸びており、
  コロナ禍において、活動を自粛していた子ども参加型の団体が、活動を
  再開したことも影響したと考えます。
B 利用者の約7割が大東市民です。また、駅前の施設ということもあり市外から
  の利用者も多くいます。こうしたことから、市内全域から利用者が集まり
  やすく、広域的にも利用されている施設ということがわかります。

(3)施設へのアクセス、市民センターとしての役割

@ 施設までの交通手段は、自転車・徒歩で5割強、電車2割強、マイカー1割弱
  となっています。これは、駅周辺の交通網も反映しており、今後もあまり変化
  しないと思われます。
A 今年度も昨年度と同様に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、
  活動拠点としての機能も発揮しづらい状況となりました。
  それでも、緩和された際には利用や活動を待ちわびていた方々から喜びや
  安堵の声が寄せられ、コロナ禍での活動の仕方や安心安全な利用方法等も
  含め、更なる情報発信が必要だと感じました。

(4)施設利用の状況、満足度

@ 施設利用の8割が「サークル・団体活動」であり、グループでの活動が利用
  の大きな柱となっています。
A 「アクロス主催事業の参加・申込」が2番目に多く、続いて「ギャラリーの
  展示、見学」が3番目に多くなっています。「アクロス主催事業の参加・
  申込」が令和2年度に比べ9%減少しました。度重なる緊急事態宣言・まん
  延防止等重点措置発令により、多くの主催事業が中止・延期となった結果、
  コロナによる当日支払いでの対応が影響したと考えます。
B 利用頻度では、月1回以上を定期的に利用される方が全体の4割強程度で、
  利用者の中心層になっています。
C 利用者の満足度は、「満足」「やや満足」の割合が8割以上と高い数値に
  なっています。

H24年度H26年度H28年度H30年度R1年度R2年度R3年度
満足・
やや満足
72.4%75.2%73.6%75.6%78.3%78.2%82.8%
普通 28.7%23.6%26.3%24.1%21.2%21.5%16.9%
不満・
やや不満
0.9%1.2%0.2%0.3%0.5%0.3%0.3%


(5)アクロスからの情報発信

@ アクロスの情報発信ツールのうち、見ている人が多いのは、「市広報」、
  「通信・チラシ(駅以外)」「アクロス電光掲示板」です。
A 今年度より、Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどを含む
  「SNS」を新項目として追加しました。

(6)市民活動への支援希望

@ 市民活動支援策として求められていることは、「活動支援講座の開講」、
  「活動スペースの充実」、「サークル・団体活動の紹介・PR」など
  サークル活動の継続に向けての支援でした。
A 今後も、コロナ過ではありますが、市民活動の支援になる取り組みを継続して
  行い、安全且つ、より効果的な支援方法を検討していきます。

令和3年度アクロス利用者アンケート用紙(PDF:0.6MB)
令和3年度アクロス利用者アンケート結果報告書(PDF:2.0MB)


〒574-0036 大阪府大東市末広町1-301
ローレルスクエア住道サンタワー内
TEL 072-869-6505  FAX 072-870-1405
E-mail info@daito-across.jp (指定管理者:株式会社 アステム